So-net無料ブログ作成

新宿スワンⅡ(2017年 ソニー・ピクチャーズエンタテイメント) [怒]

新宿スワンⅡ①.jpg


2015年公開の同作続編。

白鳥龍彦(綾野剛)  滝正樹(浅野忠信)   真虎(伊勢谷友介)
関玄介(深水元基)  葉山豊(金子ノブアキ) 時正(村上淳)

久保田悠来 上地雄輔 広瀬アリス 高橋メアリージュン 桐山漣 一ノ瀬ワタル
成田凌 中野英雄 北村昭博 中野裕太 笹野高史 要潤 神尾祐 山田優
豊原功補 吉田鋼太郎 椎名桔平 Anly 野崎萌香 他

新宿スワンⅡ②.jpg


南秀吉の死から一年。
歌舞伎町を拠点にするスカウト会社バーストの龍彦は 闇金の返済に追われるマユミを涼子ママの店に紹介する。
その頃は ハーレムとの合併により激増したスカウトマン同士で女の子の取り合いが起こっている時だった。
社内でのいざこざに業を煮やした山城社長は 活動エリア拡大のため 横浜への進出を決断。横浜出身の関と龍彦にその任を命じる。

気乗りはしなかったが 突然姿を消した同僚の洋介が横浜にいることを知った龍彦は関らと共に乗り込むことを決意する。

新宿スワンⅡ③.jpg


全日本酒販連合会会長 住友が大型店を出店する横浜は ヤクザや警察とも繋がる滝が率いる ウィザードの本拠地。
バーストの進出を逆手に取り そのケツモチである天野会長に近づき 新宿への逆進出を図る滝。

滝が積んだ金・・・ 天野から手を引かれ 窮地に陥るバースト・・・
事態を収拾するため 横浜に進出していた龍彦たちを破門にし 数々の手立てを講じるバーストの面々。
バーストを 龍彦を 信じる仲間・女の子たちが 様々な方法で加勢し 心身共に傷つきながらも 新宿vs横浜の決戦は佳境を迎えていく・・・

そして 龍彦と洋介は・・・ また 滝と関との過去は・・・

                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0) 

ミッドナイトジャーナル(2018年 テレビ東京) [怒]

ミッドナイトジャーナル①.jpg


関口豪太郎(竹野内豊)  藤瀬祐里(上戸彩)    岡田昇太(寛一郎)
辻本剛(徳重聡)     加藤拓三(松尾諭)    清川愛梨(水谷果穂)
井上美沙(水沢エレナ)  西の佐恵(朝加真由美)  須賀誠(升毅)
外山義柾(木下ほうか)  山上光顕(松重豊)    二階堂實(小日向文世)

ミッドナイトジャーナル②.jpg


中央新聞社の記者 関口と藤瀬は 世間を震撼させた連続少女誘拐事件を取材中 一人の少女が生き残っている可能性と 犯人は二人組では という疑いを突き止められぬまま 「少女は遺体か?」という誤報を打ってしまい 関口は支社へ左遷 藤瀬は遊軍に配置されてしまっていた。

7年後・・・新たに連続少女連れ去り事件が発生し 関口は7年前の共犯者による再犯を疑うが 社内では取り合ってもらえない。

当時の犯人には極刑が告げられ 執行されていた が 犯人は共犯者の存在を訴えていた・・・

スクープ欲しさではなく 救える命のために 関口は調査に奔走する・・・藤瀬と新人記者である岡田という仲間と共に。

ミッドナイトジャーナル③.jpg


仕事に没頭し 出産中に帰らぬ人となってしまった妻にも会えず 残された一人娘は妻の実家へと 哀愁漂う昭和の男性を竹野内豊が熱く演じています。
また 新聞社内や警察内にも 自らの立場 上下関係 と葛藤しながら 正義感や人間の感情を重く受け止めようとする 熱い人たちがいる。

本城雅人の同名小説を 開局記念ドラマとして TV東京が製作。
ドラマ ドキュメンタリー から 経済番組 バラエティ まで コアなファンが多いと思われるTV東京。
じわじわと染みる番組を放送し 時折 ハッとするようなドラマを制作しています。
他の大手局は 派手だったり 情報性をPRしたりと それぞれが定着させたいイメージを前面に打ち出しているように感じるのですが テレビ東京は それと一線を画し 人間や物事に対する深い部分を発信しているように思え 私も好きな番組が多いです。

                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0) 

本能寺ホテル(2017年 東宝) [怒]

本能寺ホテル①.jpg


倉本繭子(綾瀬はるか)  織田信長(堤真一)  森蘭丸(濱田岳)
吉岡恭一(平山浩行)   明智光秀(高嶋政宏) 本能寺ホテル支配人(風間杜夫)
吉岡征次郎(近藤正臣)  大塚孫三(田口浩正) 島井宗室(佐戸井けん太)
八嶋智人 宇梶剛士 飯尾和樹 加藤諒 平岩紙 迫田孝也 赤座美代子 曽我部洋士 豊田康雄 峰蘭太郎 永野宗典 ナレーション(中井貴一) 他

ふとしたきっかけで 京都のレトロなホテル 「本能寺ホテル」 に宿泊することとなった繭子。
そこには ある条件を満たすことで 戦国時代に繋がる 不思議なエレベーターがあった。

本能寺ホテル②.jpg


一方 時は1582年。天下統一を目前に 織田信長は 森蘭丸ら 少数の家臣と共に 京都・本能寺に滞在していた。短気で冷酷非道な信長を前に 家臣たちは戦々恐々とした毎日を送っていた。

そんな時 知らずに条件を満たした繭子が 突然本能寺に迷い込む・・・
400年後からやって来た現代人の繭子。信長や蘭丸はもとより 繭子自身も訳がわからぬまま・・・

本能寺ホテル③.jpg


時代の行き来を繰り返す中で 次第に信長や蘭丸とも交流を深め やがて信長の人間性に惹かれていく・・・

やがて繭子は 迷い込んだ1582年の その日が「本能寺の変」発生の前日だと気づき 歴史を変えてしまうかもしれないことに悩みながらも に信長と蘭丸に打ち明ける。

が 信長の態度は意外なものだった・・・

「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」で知られ 冷酷無比な印象が強い織田信長。
その本当の内面や 男気 潔さ そして我が身よりも日本国全体の未来を案じていた 人の大きさを表現した作品です。

                                       (敬称略)
nice!(1)  コメント(0) 

アウトレイジ最終章(2017年 ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野) [怒]

全員暴走・・・

アウトレイジ最終章①.jpg


※張グループ
大友(ビートたけし) 市川(大森南朋) 李(白竜) 張(金田時男)

※花菱会
野村(大杉漣) 西野(西田敏行) 森島(岸辺一徳) 花田(ピエール瀧)
中田(塩見三省) 丸山(原田泰造)

※山王会
白山(名高達郎) 五味(光石研) 吉岡(池内博之)

※警視庁組織犯罪対策部
平山(中村育二) 繁田(松重豊)

アウトレイジ最終章②.jpg


アウトレイジシリーズ最終章は スケールも大きく 日本と韓国を舞台に 些細なトラブルが 「張グループ」「花菱会」「山王会」そして「警察」をも巻き込む大事に発展。
全員暴走の全面戦争へと突入する。

前作で起こった 山王会VS花菱会の巨大抗争後 大友は張会長の下に抱えられ 韓国にいた。
だが 韓国に出張中の花菱会 花田がトラブルを起こし 張会長の若い衆を殺害してしまう。この事件をきっかけに 国際的フィクサー張グループと花菱会は一食触発状態に・・・
そして 漁夫の利を得ようと画策する山王会・・・激怒した大友が日本に戻ってきたとき 花菱会でも内紛が起こっていた。

アウトレイジ最終章③.jpg


現在上映中ですので 結末などの詳細は記載しませんが 最終章に間違いはなく 大半が一発撮りという 出演俳優の凄さを感じられます。
北野作品特有の暴力描写も健在です。

                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0) 

長い長い殺人 [怒]

(2007年 WOWOW/エスピーオー)

長い長い殺人①.jpg


宮部みゆき による連作小説を映像化。登場人物の「財布」を語り部として ある事件に巻き込まれた10人が・・・ 10篇の物語が・・・ 次第に少しずつ繋がっていき 人間模様と事件の真相が明かされていく。

長い長い殺人②.jpg


第一章 刑事の財布
長塚京三 朝加真由美 金子賢 前田健 上原美佐 伊藤裕子 街田しおん

第二章 少年の財布
小清水一揮 谷原章介 西田尚美 田中実 藤井かほり 大島蓉子 中田晴大

第三章 探偵の財布
仲村トオル 西田尚美 吹越満 小野寺昭 松尾れい子

第四章 目撃者の財布
平山あや 佐藤めぐみ 窪塚俊介

第五章 旧友の財布
大森南朋 佐藤藍子 谷村美月 森次晃嗣 寺泉憲 浜野由起子

第六章 証人の財布
酒井美紀 石井正則 和田聰宏 一色彩子 和希沙也 山田スミ子

第七章 再び探偵の財布
田中幸太朗 床嶋佳子 長谷川初範 

第八章 犯人の財布

長い長い殺人③.jpg


連続殺人事件担当の所轄刑事に 長塚京三。巻き込まれる探偵に 仲村トオル。容疑者に 谷原章介。
東京近郊で起きたひき逃げ事件。被害者には2億8千万円の保険金が掛けられていて 被害者の妻(伊藤裕子)とその愛人である塚田(谷原章介)に容疑が掛けられる。
が 完璧なアリバイがある二人に 刑事の響(長塚京三)も探偵の河野(仲村トオル)も翻弄される・・・

                                       (敬称略)

BROTHER [怒]

(2001年 オフィス北野/松竹)

BROTHER①.jpg


超武闘派ヤクザ 山本(ビートたけし) は あまりの暴力性のため 所属する組からも煙たがられて居場所をなくしてしまう。
抗争中の組織と手打ちになった際 兄弟分の 原田(大杉漣) に頼まれ 山本は殺されたことになる。そして偽造パスポートで 生き別れた腹違いの弟 ケン(真木蔵人) を頼ってアメリカ・LAへ渡る。

BROTHER②.jpg


ケンは勤めていた すし店をやめ デニー(オマー・エップス)ら黒人や メキシカンと手を組み ドラッグの売人となっていた。
ここでも山本は凶暴性を発揮し 白人マフィア達を血祭りにあげ シマを奪い取る。日本から駆け付けた舎弟の 加藤(寺島進) も加わり勢力を拡大する山本。
更に 日本人街を仕切る 白瀬(加藤雅也) と一色触発となるが 加藤の命と引き換えに 白瀬は山本の傘下に入る。

BROTHER③.jpg


ところが 白瀬たちは 山本の警告を無視して さらなる勢力拡大に動く。それが巨大なイタリアンマフィアの怒りを買い その報復から次々と仲間を失っていく・・・
家族もすべて失い 最後まで残り 慕っていたデニーだけは逃がそうとする山本・・・
不本意ながらも 山本から渡された鞄を持ってメキシコへと逃亡するデニーが見た者は・・・山本の心意気だった。

他に 石原(石橋凌)  警察官僚(大竹まこと)
仁政会組長(渡哲也)  クラブママ(かたせ梨乃)

「山本に命を懸けている」と 自らの頭を撃ち抜き 白瀬に 傘下入りを決断させる 加藤のシーンなど 息を飲む暴力描写の中に 想いを感じることのできる 懐かしい北野作品です。

                                       (敬称略)

東京プレイボーイクラブ(2012年 スタイルジャム) [怒]

東京プレイボーイクラブ①.jpg

行き場をなくしてしまった者たちが 何となく働き 生きている場末のサロン 東京プレイボーイクラブ。
地元のスクラップ工場でトラブルを起こした 勝利(大森南朋) も流れ着いた一人。
昔の仲間であり クラブ経営者の 成吉(光石研) と行った居酒屋で 勝利は難癖をつけてきた 梅造(三浦貴大) を痛めつけてしまう。
梅造がその街の繁華街を取り仕切るヤクザ 松ノ助(佐藤佐吉) の実弟だったことから 次男の 竹男(赤堀雅秋) も含めた三兄弟と大変なトラブルになってしまう・・・

東京プレイボーイクラブ②.jpg

そんな時 プレイボーイクラブのボーイ 貴弘(淵上泰史) は店の金に手を付けてしまい 同棲相手の エリ子(臼田あさ美) は店で働くことになってしまう。
そして 松ノ助のもとへ示談金を届けたエリ子・・・ しかし届けたラブホテルでのSMプレイ中に松ノ助は心臓発作を起こして死んでしまう。

東京プレイボーイクラブ③.jpg

成吉は勝利に頼み 死体をバラバラにして川へ捨てるが 帰ってこない松ノ助を探して 竹男と梅造が事務所に乗り込んでくる。
成吉は脅され 勝利とエリ子を呼び出し脅しかける・・・がそこでも事故と事件が起こり思いもよらない事態に・・・

大森南朋のクールで淡々としながらの 冷酷な暴力さ。
気の小ささを去勢で精一杯隠しながらも いい人さが滲んで イマイチ非常になり切れない 光石研。二人の表現力が見事です。

                                        (敬称略)

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(2007年 若松プロダクション) [怒]

1969年代後半 世界的な左翼運動全盛時代 日本でも反権力的な学生運動が盛んであった。その中でも より真剣に革命の実現を信じた連合赤軍の若者たち。
彼らは 何に突き動かされ 何を求め どのような道程で あさま山荘立てこもりへと至ったのか・・・連合赤軍側の目線で描かれています。

実録連合赤軍あさま山荘への道程①.jpg

森恒夫(地曵豪) 永田洋子(並木愛枝) 遠山美枝子(坂井真紀)
坂口弘(ARATA/井浦新) 重信房子(伴杏里) あさま山荘管理人(奥貫薫)

佐野史郎 渋川清彦 日下部千太郎 大西信満 中泉英雄 伊達建士 椋田涼 
粕谷佳五 川淳平 桃生亜希子 笠原紳司 ほか

実録連合赤軍あさま山荘への道程③.jpg

この作品は低予算となり 制作費の一部はカンパを募ったそうです。若松監督が所有する宮城県の別荘を あさま山荘として使用。放水から解体まで行い撮影されています。
宮城県山中では長期合宿を行い 焦燥感のある空気を創り出すと共に 撮影は順撮りで行い 出演者の憔悴していく様がリアルに そして恐ろしく描写されています。

実録連合赤軍あさま山荘への道程②.jpg

私が生まれた年代に起こっていた出来事であり 両親は 20代前半・・・彼らと同年代です。地方在住であり 大学にも進学していませんので 報道で知るのみであったと思います。国家や体制に反発し 自身が戦うことに異論はありませんし 同調する仲間たちと共闘することもしかりです。
が 行動途中で心情に変化が表れたり 思想が違ってきた者が離れないように 暴力で支配しようする行為は賛同できませんし 人の命を奪うことは絶対に許せません。しかも本作品のような非人道的な行為には震えます。

戦いを仕掛ける者 と 戦いを受けて立つ者 無関係の人たちを苦しめずに 当事者同士で如何様にでも戦えば・・・という乱暴な感情になってしまいました。

                                       (敬称略)

無痛~診える目~(2015年 フジテレビ) [怒]

無痛①.jpg

為頼英介(西島秀俊) は「神の診察眼を持つ」と言われ 人の外見から病気の症状を診る事が出来る特殊な能力を持つ医師。
また 犯罪者が発散する「犯因症」も見分けられ 亡き妻の姉である 井上和枝(浅田美代子) と町の診療所で細々と医療を続けている。

無痛②.jpg

ある日 通り魔犯の行動を事前に察知して110番通報したことから 熱血刑事 早瀬順一郎(伊藤淳史) に目をつけられ 事件の度に協力を求められるようになる。

そして 通り魔事件の際に傷を負った 和枝が入院した 白神メディカルセンターでは 院長である 白神陽児(伊藤英明) が 為頼の応急処置と診断に自信と同じ能力を感じて近づいてくる・・・

2話までを観たのですが 為頼 早瀬 白神 と 職種の異なる3名が遠巻きに絡みながら 近づいていき 思惑がありそうな 白神 と 精神的に問題がありそうな早瀬 と絡む中で 為頼 がどうなっていくのか・・・ といった感じです。

無痛③.jpg

西島秀俊は エリート医師から自身の信念にもとづいて現在があるという医師の内面を・・・
伊藤淳史は 犯罪を憎む熱血漢だが 異常なほどであり なにか心に抱えているような署内でも浮いた存在の刑事を・・・
伊藤英明は 最新設備を誇るメディカルセンターを経営し 理想の医療に向かって誠実に進んでいるように見えるが 表情も態度も姿勢もきれいごと過ぎて 何かを含んでいるとしか思えない医師・経営者を・・・  表現していて結末に向かって想像が膨らみます。

                                                  (敬称略)

渇き(2014年 ギャガ) [怒]

愛する娘は バケモノでした。

渇き①.jpg

突然失踪した娘 加奈子(小松菜奈) を探す元刑事の父親 藤島昭和(役所広司) が 品行方正だった娘の 全く知らなかった恐ろしい顔を知り とてつもない事態に巻き込まれていく・・・

藤島も自身の病的な性格や暴力で家族をバラバラにし 堕落した生活を送っている。 が その過去を棚上げして 思い描く理想の家族像を取り戻そうと 躍起になって加奈子の足取りを追う・・・

その過程で 加奈子の交友関係や行動の恐ろしさ そして 知りえなかった娘の素顔を知る・・・

渇き②.JPG

R15指定とあって バイオレンスなシーンは 息をのむ描写も多く迫力とえげつなさがしっかりと表現されています。

加奈子は 異性・同姓売春や薬物にも関わっていて その証拠となる写真を持ち出してしまうとんでもない事を 「やらかした」 として 追われている。
それに巻き込まれてしまう藤島・・・ 悪魔のような所業を やらかしてきた 加奈子と関わる者達の結末は・・・

渇き③.JPG

小松菜奈の存在感は素晴らしく 役所広司の迫力はさすがです。妻夫木聡演じるトッポイ刑事 や オダギリジョー演じる極悪刑事・・・
加奈子の周りでは 二階堂ふみ 橋本愛 中谷美紀 らが特異なキャラクターを演じ 複雑な物語を成しています。

                                                           (敬称略)

メドゥーサ Medusa(1990年~ 小学館) [怒]

かわぐちかいじ作 で ビッグコミックに連載され 単行本(全12巻)も発売された漫画です。

メデューサ①.jpg

榊龍男 と 榊陽子・・・ 「明るい未来を」 という目的・思想は同じながらも 過程や手段手法に対する考えが大きく異なってしまった 異母兄妹・・・そして男女の物語です。

政界の実力者 榊龍太郎 に引取られた孤児の龍男。榊家の実娘である陽子と魅かれ合うが 彼女は学生運動へと傾倒し 自らの意志で過激派と行動を共にする・・・

一方龍男は デモや学生運動では何も解決しない と 義父の遺志を継ぎ政治家を志し スキャンダルや足の引っ張り合いにも屈せず 真っ直ぐに 「明るい未来」 の創造に尽くす。

メデューサ②.jpg

様々な思想が入り混じった 1960年代からの混乱を象徴する事件も多く表現されています。

幼少の頃に出会い 政治家を志す男子と 過激派へと流れる女子・・・ 年月を重ねるごとに 互いの距離は離れてしまう しかし 気持ちは変わらず 願う世界も同じ・・・

20代前半の頃 たまたま目にした漫画に引き込まれ 単行本をまとめ買いし それまでに経験したことのない・・・ 適した言葉が見つからないような感情を抱きながら 読みふけった記憶があります。
目指すところは同じでも 道筋や手段は様々で 理解・尊重すべきところもあれば 互いに譲れないところもある・・・ それが愛する相手であったとしても・・・

メデューサ③.jpg

この物語で 多くの歴史や人物を学びました。活字を読むことも大切ですが 漫画から学ぶことも沢山あると実感しました。
安保闘争当時の若者たちのパワーに圧倒され しかし犯罪は許せない・・・ 人命が左右されるような活動は特に・・・ しかし行動を起こさなければ何も変わらず 流されて生きていくだけ・・・ この本を読んで20数年経ちますが いまでもはっきりと覚えている作品です。

(敬称略)

人類資金(2013年松竹) [怒]

時代背景や設定などのスケールが大きく 日本を始め ロシア・タイ・アメリカ で撮影が行われ アメリカ映画以外では初となるニューヨーク国連本部での迫力あるシーンも見所。私的には 森山未來 の深みを増した演技が印象的。敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝 「M資金」をめぐって繰り広げられる 思惑・陰謀・輪廻を描いたサスペンス。

人類資金①.jpg

1945年 敗戦を不服とする反乱兵たちが日本軍の秘密資金を持ちだしていた 総量600トンにも及ぶ金塊。これを回収に来た 笹倉雅実大尉(松崎謙二) は遠い将来  資本と戦うことになると見据え 金塊を軍に戻さず海へ沈める。

2014年 父と同じく M資金をネタにした 詐欺の道を進む 真舟雄一(佐藤浩市)は 相棒の酒田忠(寺島進)
といつものように詐欺を進めようとしていた。 ところ 彼を追っている 北村刑事(石橋蓮司) が現れる。逃げようとする真舟は 日本国際文化振興会からの使いである 石優樹(森山未來) から迫られ 財団のビルに足を
踏み入れる。 が その瞬間 高遠美由紀(観月ありさ) 率いる防衛省秘密組織に襲撃される。
石に助けられ 逃げ出した真舟は 本庄一義(岸部一徳) という男に引き合わされ 50億円の報酬と引き換えに 投資ファンドが管理する10兆円のM資金奪取を持ち掛けられる。

人類資金③.jpg

M資金詐欺を生業としながらも その存在は信じていなかった真舟は M資金に隠された秘密をめぐる争いに引き込まれていく。

仮の名を “M”こと笹倉暢人(香取慎吾) という真の依頼者も現れ かつては人類のためにという思いから 笹倉雅実大尉 が残したM資金も 今や単なる投資ファンドになり下がっている。マネーゲームが世界を空洞化させており そんな世界を救いたいという“M”に共感する真舟。破格の報酬とM資金の秘密を知りたいという欲求が合わさり 真舟はこの話に乗る。

そして 壮大な歴史と世界を舞台に 人間の心理に深く刺さる秘密や現実が 明らかになっていく・・・

人類資金②.jpg

                                                           (敬称略)

ナイトピープル(2013年 太秦) [怒]

心理戦 騙し合い 銃撃戦 裏切り etc・・・
2億円をめぐる駆け引きをスリリングに描くクライム・サスペンス。

ナイトピープル①.JPG

街の片隅でひっそりと営業する ワインバー「Night People」 に知的さと美貌を兼ね備えた 杉野萌子=岡井美枝(佐藤江梨子) が雇って欲しいと現れる。店のマスターである 木村信治(北村一輝) は過去に愛した人と似ていることから 萌子に感情を抱き 雇うことにする。

暫く月日がたったある日 刑事の 曾根(杉本哲太) が店を訪れ 萌子が大石という男と共謀して大物国会議員から2億円を奪った前科者であり 大石も2億円も行方をくらましたままだと 信二に語る。

ナイトピープル②.JPG

信治は困惑するが 2億円の在り処は知らない。罪は償ったのに曾根に酷い目に合わされている と嘆く萌子の言葉を信じ 曾根から萌子を守ろうとする。
だがそんな信治に 古い付き合いの 花宮慧子(若村麻由美) はある写真を突きつける。そこには、萌子と曾根が密談している姿が写っていた……。

ナイトピープル③.JPG

そもそもの2億円強奪から 裏の絵図があり 暴力団員でありながら戦闘能力に長けていて 大石を探している 葛西(三元雅芸) を交えて 駆け引きや思惑が幾重にも絡まっています。
絡まっていた 事実が一つ解けては一つ絡み・・・ と目が離せず 驚きの連続で アクションもそうですが 杉本哲太 の怪演も見応えがあります。

                                               (敬称略)

終戦の日(2015年) [怒]

8月15日 終戦の日

メディアでは 様々な視点・観点から 戦争を取り上げ 戦時中の映像・画像が流れている。

TVでは 戦争に因んだ ドラマや映画が 流れている。


私の 祖母の兄は 特攻隊員だったそうだ。 年に数回は顔を合わせるし 私の母親はしばしば 共に出かけている。


しかし 祖母の兄から 戦争の話は聞いたことがない・・・


若い頃は私も興味を持たなかったが 40歳を過ぎて 自分の人生を振り返ったり 家族への想いを巡らせたり 残りの人生を思い描いたりする年齢になり 異なる時代に生まれていれば・・・ と考えることがある。


戦時中を生きていた祖母の兄について 母親に聞いてみた。

私の母親にも 戦時中の話は殆どせずに 聞かれても空襲の話や 戦後の生活の話を少しだけ 語る程度だという・・・


ある時 祖母の兄の 奥さんから少しだけ聞くことができたそうだ。

祖母の兄は 特攻隊員であり 特攻を数日後に控えていたある日 終戦を迎えたそうだ。

私は 息が詰まり 言葉が出なかった・・・ 

現在では想像も出来ないほどの 生活や訓練を 共に耐えてきた仲間達が 次々と命を武器に飛び立ち 我の飛び立つ日も決まり 覚悟を決めていたであろう・・・

終戦の日①.jpg

終戦を迎えた時の 気持ちは 私の想像を遥かに超える 複雑な感情であったと思う。

多くの若者が 自らの意思とは関係なく 命を武器に旅立つ・・・

終戦の日②.jpg

責任 悔い 感謝 ・・・ はかり知れない想いがあったのではないか・・・

そして その後の人生において 消えることのない想いを抱いているのではないかと思う。

終戦の日③.jpg

戦争を忘れてはならないと 戦争の体験を後世に伝えようと 辛い気持ちを抱えながら 語る方々もいれば 祖母の兄のように 誰にも語ることなく 墓場まで抱える人もいる・・・

90歳を超えて 膝や腰は悪くなったが 祖母の兄も その奥さんも 元気に暮らしている。どこかへ出掛けるときは 私の母親が送迎役なのだが いつも夫婦二人で一緒に出掛けている。

ぶっきらぼうで 亭主関白に見える 祖母の兄だが 共に生きてきた奥さんへの愛情を果てしなく感じる・・・

私は この祖母の兄を 尊敬し誇らしく感じる・・・


年に一度でも 今日のような日があり 世界から戦争が無くなることを 心の底から 願う・・・ 祈る・・・


タグ:特攻 戦争 神風

探偵の探偵(2015年 フジテレビ) [怒]

アンタを ●●● まで 私は死ねない。
仲のよかった妹がストーカーに遭い 母親は精神障害に・・・
家族もバラバラになり 遠い親戚宅で隠れて暮らす妹は ストーカーに見つけられ 無残な最期を遂げる・・・
妹の居場所を ストーカーに知らせた 探偵を探すべく 姉は探偵稼業へと身を投じる。

探偵の探偵①.jpg

喜怒哀楽・・・ 人間の感情を主演 北川景子 が顔で表現しています。
他の主要な俳優も 表の顔と裏の顔がある人物を内面から表わしていて 二話だけですが 見入ってしまいます。

テンポもよく 迫力のあるアクションも いい意味で予想外ですし ストーリーも伏線が絡み合って 少しずつ繋がる感じが面白いです。

紗崎玲奈(北川景子)
妹を死に追いやった探偵を探す為に 探偵稼業に身を投じる。

須磨康臣(井浦新)
紗崎を雇った探偵会社の社長。表と裏の顔を匂わせる演技が見所。

探偵の探偵②.jpg

峰森琴葉(川口春奈)
探偵差に入社し 紗崎の部下となる。就職がなく飛び込んだように装っているが 紗崎の妹が亡くなった現場にもいた・・・ 紗崎には何も語らずに 何かを隠したような雰囲気を醸し出している。

探偵の探偵③.jpg

阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)
大手探偵事務所社長。紗崎が追っている妹の事件に深くかかわっているような匂いがする。また 紗崎の口封じを画策している。

探偵の探偵④.jpg

                                    (敬称略)

リスクの神様(2015年 フジテレビ) [怒]

7月8日スタートのテレビドラマです。
第一話を観た感覚ですが 日本最大の商社 をメイン舞台に ビジネスとそれに伴うリスクをクローズアップしたシリアスな物語のようです。

リスクの神様①.jpg

表と裏の顔があり きれい事だけではなく ブラックな所業も匂わせる サンライズ物産社長 坂手光輝(吉田鋼太郎)。その坂手に見込まれて引き抜かれた 西行寺智(堤真一) はアメリカで企業や政府関連のトラブルを解決に導いてきた 伝説的な危機管理の専門家。サンライズ物産では 危機対策室室長として迎えられる。
論理的に事を考えるが 情を感じる一面もあり 坂手社長との関わりも微妙な雰囲気を醸し出しています。

リスクの神様②.jpg

サンライズ物産社員で東大卒の帰国子女 神狩かおり(戸田恵梨香)。出世や契約の為なら誰とでも夜を共にすると 陰でたたかれるキャリアウーマン。第一話ではサクセスストーリーから一転 大きな責任を取らされ 降格となってしまう。プライドが高く人を信用しないが 人間らしい一面ものぞかせています。

その他 危機対策室で西行寺の部下役には 志賀廉太郎 森田剛 古田新太。 派閥争いで坂手とは対峙しそうな 白川誠一郎専務には 小日向文世。

リスクの神様③.jpg

初回の視聴率が7%と低調なのですが 役柄と俳優とのマッチングがよく 人間とビジネスの裏表や 駆け引きがシリアスな感じで描かれて この先も見応えがありそうです。

                                                            (敬称略)

クライマーズ・ハイ(2008年 東映) [怒]

群馬県御巣鷹山に日航機が墜落した1985年当時に記者として事故を取材した 横山秀夫 の体験を反映した実録に近い 社会派大作。
当時 私は16歳。大変な事故が起こってしまい 多くの人が亡くなり 日本の飛行機が落ちるという信じ難い 事故を目の当たりにして怖かった心情を記憶しています。

クライマーズ・ハイ①.jpg

1985年8月12日 乗員乗客524名を乗せた日航機123便が墜落し 一報が北関東新聞社に入る。地方紙である 北関東新聞の記者 悠木和雄(堤真一) は社長の 白河(山崎努) から この事故に対しての 取材・報道全権を任される。
そして 空前の事故に対する 報道戦争が繰り広げられる・・・

中央紙との取材合戦 仕事へのこだわり 家庭や自らの身体を顧みないほどの興奮 を登山における クラーマーズハイ と同じだと考える。興奮状態が極限に達した時こそ  周りが見えなくなり ミスを犯しやすく 疲労を感じない事から身体にも悪影響が出る。

クライマーズ・ハイ②.jpg

バブルの入口と言われていた時代背景・・・誰もが働くことに生きがいを感じ 収入も年々増えていく・・・ そのような時代の仕事に生きる男達を シリアスに 泥臭く 忠実に表現しています。

クライマーズ・ハイ③.jpg

白河が全権を任されるものの 社内には当然複数の編集局があり また販売局も交えての人間関係が渦巻き 意地やプライド 駆け引き 共闘 などなど 人間味の濃い作品です。
社会部記者に堺雅人 地域報道班に尾野真千子 社会部部長に遠藤憲一 その他 田口トモロヲ 堀部圭亮 でんでん 高嶋政宏 などなどの実力派俳優が 緊迫感のある人間模様を表現していて 震えます。

                                                            (敬称略)


その夜の侍(2012年 ファントム・フィルム) [怒]

交通事故・・・誰にでも降りかかる可能性があります。
少しの不注意や気の緩み ・・・ながら ・・・だろう など少しくらいと思っていても大惨事になってしまう事もあります。
物が壊れた・・・であれば不幸中の幸いかもしれませんが 人が怪我をしたり 一生に影響するような障害が起こったり 亡くなってしまったり となれば被害者はもとより加害者の人生も一変してしまいます。
我が身にも降りかかるかもしれない事故・・・ ひき逃げ死亡事故の被害者家族と加害者 悲しみから生まれる 葛藤・呵責・復讐・孤独 など深遠な心情がテーマの邦画です。

その夜の侍①.jpg

小さな鉄工所を営む 中村健一(堺雅人) は5年前にひき逃げで妻 中村久子(坂井真紀) を失い それ以降抜け殻のような生活を送っている。
犯人の 木島宏(山田孝之) は出所した後も 行動を改めることはなく 当時同乗していた友人 小林英明(綾野剛) を従えて暴力を振りかざし 怠惰で荒れた生活を送っている。

木島のもとには 妻の復讐を遂げるべく 中村からの殺害予告が毎日届く。
「お前を殺して、俺は死ぬ。決行日まであと○○日」

決行日は妻がひき逃げされた日。

その夜の侍②.jpg

カウントダウンが進む中で 中村と木島の 心情の変化を 堺雅人と山田孝之が絶妙に演じています。
木島に酷い目に遭わされながらも付いていってしまう 小林とその同僚 星信夫(田口トモロヲ) や 脅されたのがきっかけだが微妙な感情がうかがえるバイトの警備員 関由美子(谷村美月) の絡みも距離感と内面感情が複雑に交錯しているように伺えます。

中村と木島が対峙するクライマックスの迫力は さすが演技派俳優の二人です。

その夜の侍③.jpg

                                                           (敬称略)

ソロモンの偽証 前編・事件(2015年 松竹) [怒]

ソロモンの偽証 前編・事件①.jpg

稀に見る大雪のクリスマス 前夜に転落死したと思われる 中学2年の男子生徒が見つかる。 警察 学校 教師達は自殺と断定するが 殺人を目撃したという告発状が届く。

ソロモンの偽証 前編・事件②.JPG

緊張感が駆け巡り 報道は加熱し 事件の連鎖が始まる・・・
そして 様々な思いと 疑心暗鬼が拡散する中で 大人達を見限った一人の生徒 藤野涼子(藤野涼子) が真相を突き止めようと行動を起こし 学校内で裁判を開廷しようとする・・・

「嘘つきは 大人のはじまり」 のキャッチコピーを掲げ 人間の資質 教職という人種の感覚 報道の倫理観 親子(家族)の信頼 といった深い心情の部分を描いています。
役名と同名デビューの 藤野涼子(藤野涼子) を始め 中学生役の演技も熱が入っていて素晴らしく 特に 三宅樹理役の 石井杏奈 と 森内恵美子教諭役の 黒木華  は怪奇的です。 藤野剛(佐々木蔵之介) 藤野邦子(夏川結衣) 三宅未来(永作博美) 北野教諭(松重豊) など 演技派俳優との相乗効果も感じられます。

ソロモンの偽証 前編・事件③.JPG

鑑賞チケットをいただいたこともあって 久しぶりに劇場で観ました。今日現在 公開中ですので詳細は記しませんが 「八日目の蝉」チームの作品とあって 中学生から大人までの内面が 深く描かれています。正義感があれば 保身もあり 嘘もあれば それを嫌う正直さもあり 真っ直ぐさもあれば 歪んだ感性もあり 年齢を重ねるごとにいろんな 背景を背負い 人格は形成されていくのだと感じます。
エンドロール後の 予告も上手く煽られてしまい 後編も劇場で観たくなります。

ソロモンの偽証 前編・事件④.jpg

                                                           (敬称略)

ホワイトアウト(2000年 東宝) [怒]

ホワイトアウト①.png

富樫輝男(織田裕二)・・・日本最大貯水量と150万キロワットを発電する新潟県奥遠和ダムの作業員。
吉岡和志(石黒賢) ・・・富樫の同僚であり親友。
平川千晶(松嶋菜々子)・・・東京で仕事をしている吉岡の婚約者。
宇津木弘貴(佐藤浩市)・・・奥遠和ダムを占拠するテロリスト「赤い月」のリーダー。

真冬の新潟県奥遠和ダム 近くの山で遭難事故があり 富樫輝男は猛吹雪の中を救助に向かう。 が 雪や雲などで視界が白一色となる現象 ホワイトアウト に見舞われ 共に救助に向かっていた 同僚であり親友の 吉岡和志を救えずに亡くしてしまう。 
その事故から2カ月後 吉岡のフィアンセ 平川千晶が奥遠和ダムを訪れた。吉岡の死に責任を感じた富樫は千晶に会う為に東京へ向かったが すれ違ってしまう。

ホワイトアウト③.jpg

そして千晶がダムに到着したその時 ダムと発電所がテロリストに占拠される。犯人グループは ダムの職員と千晶を人質に取り 人質の命と ダムの爆破をと脅し 50億円を政府に要求する。 奥遠和ダムの下流区域には 20万世帯の住民が生活していて ダムが決壊すれば 一瞬のうちに洪水に飲まれてしまう。 タイムリミットは24時間 しかも外部からダムへのルートは 爆破されていて 悪天候も重なり警察はどうしようもない。

そのような状況下で 偶然逃げ出せた富樫は 仲間と住民を救う為に動くことを決意する。孤立化してしまったダムの状況を知らせ 救助を求めるために 8キロ先の大白ダムへと一人で向かう。 その富樫の連絡によって 犯行グループの正体が 過激派・赤い月であり リーダーが宇津木であると判明する。
しかし 対策本部がダムへ乗り込むことは未だに叶わないことから 富樫は人質を救出するために 再び奥遠和ダムへ戻る。

ホワイトアウト②.jpg

ここから始まる 宇津木(佐藤浩市) と 富樫(織田裕二) の対峙は 心理戦を含めた二人の駆け引きが 醍醐味です。
前半に起こる 吉岡(石黒賢) との友情も熱くなりますし 佐藤浩市の悪役 過激派のリーダーという 特殊な思想が入った犯罪者を 独特な個性で表現しています。

                                                            (敬称略)


赤と黒の熱情(1992年 東映) [怒]

20代前半の頃 当時はアウトロー的な様に憧れていたこともあって 劇場で観た 切なくも固い 男同士の友情を描いた邦画です。

赤と黒の熱情①.jpg

ヤクザの 松浦盾夫(陣内孝則) は 組の資金三億円を盗み出した 弟分 矢崎文治(柳葉敏郎) の始末を命じられる。 親の命令は絶対の渡世であり 盾夫は自分が始末しなければ 文治が組織になぶり殺しにされると思い・・・自ら手を下す。
ところが文治の妹 矢崎沙織(麻生祐未) に現場を見られてしまい 沙織はショックで記憶障害となってしまい 更に 組織の罠で麻薬漬けにされてしまう。

赤と黒の熱情③.jpg

6年間を精神病院で過ごした沙織・・・ 同じく6年間服役し 出所した盾夫・・・。
盾夫は沙織への罪滅ぼしに 沙織を気遣ってくれていた 神津研作(中村トオル) と共に失ってしまった記憶の代わりに 美しい過去をつくりはじめる。

赤と黒の熱情②.jpg

しかし、行方知れずの三億円を追って 元組幹部の 桐島克則(古尾谷雅人) が策略を巡らしており 研作は殺されてしまう。 そしてその時 沙織が記憶を取り戻す・・・。
記憶と共に文治が言い残した言葉も思い出し もう一度桐島に憎しみの目を向ける沙織。三億円など もはやどうでもよく 文治の遺書に涙するのだが・・・

ここからクライマックスとなり 桐島とその配下多勢に対して 盾夫は沙織を守るべく向かっていく。

真っ赤な熱と真っ黒な情・・・ 陣内孝則と柳葉敏郎が格好良く表現していて 当時は憧れたものです。 麻生祐未も精神状態が激変する沙織の変化を 目と 表情と 身体で 怪演しています。

                                                            (敬称略)

スマグラー(2011年 ワーナーブラザーズ) [怒]

スマグラー①.jpg

役者という夢に挫折して 定職にも就かずその日暮らしの 砧涼介(妻夫木聡)。
ある日裏ロムでの違法スロット話に乗り 失敗して300万の借金を背負ってしまう。返済のあてもない 涼介は 金を借りた闇金であり 裏社会の便利屋でもある 山岡有紀(松雪泰子) の紹介で スマグラー(密送屋) の仕事をすることになる。

スマグラー②.JPG

密送の荷物は死体であり 仕切っているジョーこと 花園丈(永瀬正敏) と ジジィこと 塚田マサコ(我修院達也) と共に運ぶことになる。

スマグラー③.JPG

初仕事の荷物は暗殺された 田沼組組長(島田洋七) だが組長殺しの犯人を追っている 田沼組幹部の 西尾(小日向文世) 河島(高嶋政宏) らや 亡き組長の若妻 田沼ちはる(満島ひかり) と関わってしまうことになる。

スマグラー⑤.JPG

田沼組長の次に 暗殺者であり組長殺しの犯人でもある 殺し屋 通称背骨(安藤政信) を生きたまま田沼組に運ぶことになるが 涼介の人の良さが災いし 脅威の身体能力を持つ 背骨を逃がしてしまい 責任を取ってジョーが背骨を探し出すまでの間  身代わりとなり 河島の拷問を受けることになる。

ジョーは背骨を探し出せるのか・・・涼介はどうなってしまうのか・・・ちはるは何を考えているのか・・・

他にも 大杉連 松田翔太 寺島進 など チョイ役も演技派の役者さんであり 中でも 高嶋政宏 の演技(涼介を背骨と思い込み拷問するシーン)は 思わず目を背けてしまうほどの狂気でした。

スマグラー⑥.JPG

満島ひかり はツンケンした役柄がよく似合っていますし 永瀬正敏 も寡黙ながらも仲間を思う無愛想なジョーにピッタリの配役です。松雪泰子のコスプレキャラも意外性があり面白いですし 島田洋七 も味があります。

スマグラー④.JPG

アクション デンジャラス コメディー の要素が詰まった邦画です。

                                                           (敬称略)

告白(2010年 東宝) [怒]

楽しそうな笑い声と音楽でオープニングです。
終業式の教室で 生徒たちは騒ぎ 携帯電話をイジり 明るいというよりは 自分勝手と無気力 無関心が入り混じった雰囲気です。
そんな雑踏の様な中 教師の 森口悠子(松たか子) が教師を辞めることを生徒に告げます。 生徒たちは冗談とも冷やかしともつかないような 反応で更に騒々しくなります。

告白①.png

そして・・・「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです。」 森口悠子 の一言で教室内は一瞬にして静まりかえり ここから 森口悠子 いや 松たか子 の独壇場になります。
冷静・・・というよりも冷酷に 時には感情を高ぶらせ 時には復讐を感じさせ 時間にして十数分でしょうか 独り語りに 完全に引き込まれました。

悠子の娘は 生徒Aが悪ふざけで作った 開けようとすると感電するポシェットに触れて 気を失い うろたえて慌てた生徒Bにプールへ投げ込まれました。
そして 悠子は 生徒AとBが飲んだ牛乳に HIV感染者の血液を混ぜたと告げ 学校を去ります。

悠子が去り 新学期が始まった学校では新しい担任のもと 生徒たちが集まります。
生徒Aは登校するが 執拗ないじめに遭い ただ一人かばった女子生徒も同様に嫌がらせを受ける。生徒Bは不登校となり 母親を感染させないために 異常なほど自分が使用したものを洗う 反面 自分自身に関してはあきらめたのか 無関心になってしまう。

告白③.jpg

悠子の同僚教師役で 筋肉体育会系 寺田良輝役の 岡田将生 は エグい表現が多い中で 少し息が抜けます。 生徒Bの母親役 木村佳乃 の無機質で無関心な感情・・・ 飄々と息子である生徒Bと心中しようと部屋に行き・・・逆に殺されてしまいますが・・・ ゾッとします。

告白④.jpg

悠子 生徒A 生徒B ただ一人いじめに加わらなかった女子生徒 と4人それぞれに物語があり 人間の内面を深く エグッたような感覚でしたが 最後は少しほっとしました。

告白②.jpg

なにより 松たか子 ・・・必見です。

                                                            (敬称略)

よるべなき男の仕事・殺し(1991年 アルゴプロジェクト) [怒]

20代前半の頃 まだ レンタルビデオ だった時代の映画です。
無口で完璧な仕事を遂行する 殺し屋 加倉井浩役の 加藤雅也。 彼の佇まいが格好良く 好意を抱いている女性であり 組織との連絡係である 足利まゆみ(村上里佳子) への接し方や距離感 心の中には熱いものがあるが表面上は極めて冷静な佇まい また日常の姿である 旅行作家 としての振る舞いに 憧れたものです。
その姿に憧れ 同じような生地(麻?)で長めのバンダナを作って貰い 巻いていたのが懐かしい記憶です。

よるべなき男の仕事・殺し①.jpg

表向きは旅行作家だが 裏の顔は 感情を表に出さず 淡々と仕事をこなす 殺し屋。
しかし 動物的な勘が効く 刑事の八木公義(根津甚八) は 加倉井が怪しいと睨み 同じく刑事の 根来隆(須藤正裕) と共に彼を追うが どうしても証拠が掴めない。

そのような中 次の仕事の依頼があり ターゲットは絵に描いたような悪人。
元アラブの石油王のボンボンで 以前来日した際 複数の女性に暴行を働き 自殺者まで出てしまったにもかかわらず 外交的な圧力とオイルマネーの力で帰国。今回はなんと国賓待遇で来日し 芸者遊びから・・・前回のような悪行に・・・という魂胆であった。
加倉井は自殺に追い込まれた女性の弟を唆して 八木らの目をそらし 暗殺を実行する。


ここからもう一物語あり 仕事の報奨金を受取に来た加倉井に まゆみは銃を向ける。
実は まゆみも石油王のボンボンに暴行された一人であり その秘密を永遠に消すことと 決して自分のものには出来ないとわかっている 愛する加倉井を 自分以外の誰にも渡さない為の手段であった。 が 加倉井は鮮やかに まゆみからの刺客達を葬り 彼女の前から去っていく。

そして・・・証拠が掴めぬまま 加倉井の新たな仕事に激怒した八木は彼と対峙する事を決意する。


加藤雅也 と 根津甚八  ハードボイルドが似合う二人の男を中心に ストイックに描写された作品でした。
                                 
                                                            (敬称略)

苦役列車(2012年 東映) [怒]

苦しいお小遣い事情の中 劇場で観た数少ない邦画です。
何を観るとも決めずに イオンシネマ へ出掛け 他にメジャーな作品もあったのですが 何故かタイトルと 森山未夾 の表情(ポスター)に魅かれて チケット売場へ・・・ 何とこの作品は 私が本日初のチケット購入でした。
上映時間には数人の観覧客がいたものの 人の気配を邪魔に感じるほどでもなく 満足な鑑賞でした。

苦役列車①.jpg

とにかく不運を絵に描いたような主人公 北町貫多(森山未夾) 19才。
小学生の頃 父親が性犯罪を犯して一家はバラバラに・・・ 転校を繰り返す中で希望を失った青春を過ごす。
中学卒で家を飛び出し ロクな職もなく 港湾での日雇い荷役労働でその日を暮らしている。日当はその日の内に 酒 と 煙草 と 風俗 に消えていき 家賃や光熱費の支払いにも事欠く始末。
時代背景はバブル絶頂期だと思いますが 裏側で生活していたであろう若者を 「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」 のキャッチコピー通り 森山未夾 がリアルに表現しています。

苦役列車②.jpg

友達は利用するもの 女はやらせてくれるかどうか くらいにしか思っていない 貫多 だが 港湾現場でアルバイトをしていた 日下部正二(高良健吾) と意気投合し 唯一のまともな趣味である 読書 がきっかけで古本屋で働く 桜井康子(前田敦子) に一目惚れする。 が 性格がひん曲がっているというか 言葉が見つからないほどの クズ な言動で せっかく正二が仲を取り持ってくれても 台無しにしてしまい 何もかも上手くいかず また歪んでいく・・・ 
卑猥で 卑屈で・・・でも何となく分からないでもない・・・のは私の中にもこういう一面があるのかも知れません。(貫多のような言動はとてもできませんが・・・)

苦役列車③.jpg

最低の人間を演じているのですが その中にほんの少し 本当に少しだけですが 本当は 友達と 彼女と 周囲の人たちと 上手く付き合いたいと一生懸命ながら 上手くコミュニケーションが取れず 照れ隠しもプラスされて・・・ と垣間見えるのが 森山未夾 の好演技ではないのかと感じました。

苦役列車④.jpg

                                                            (敬称略)

二代目はクリスチャン (1985年 東宝) [怒]

17~18才の頃に観た 懐かしい映画です。

3無題.png

六甲山の教会で シスターとして讃美歌をオルガン演奏している 今日子(志穂美悦子)。 神戸を仕切る「天竜組」の跡継ぎ筆頭 天竜晴彦(岩城滉一) と 100年続くお寺の次男で刑事の 神代(柄本明) は 今日子に気に入られようとドタバタを繰返す。晴彦は 百合(かたせ梨乃) という彼女がいるにもかかわらず 今日子に気に入られようと 組員に洗礼を受けさせたり 神代は実家の宗教(天台宗)とキリスト教との狭間で 葛藤する様がコミカルに表現されていて 渋い役どころという印象であった 岩城滉一 柄本明 の三枚目的な部分が楽しめます。
麻薬中毒な役どころの かたせ梨乃 の妖艶な演技は さすが! って感じですし 嵐の夜に一度だけ出会い 今日子が思いを寄せている 英二(北大路欣也) や 晴彦と跡目を争っている 黒岩(室田日出男) など脇の俳優さんも渋い役者さんが揃っています。 チンピラ次郎 役の 松本竜介 がいい感じなのが以外で面白いです。
全体的には 非現実的で ベタなストーリーで 関西弁もどうなのって 感じですし 表現は悪いですが 「滑稽」 で ??? って感覚で観ていたのですが・・・
黒岩率いる黒岩組の 天竜組に対する所業が エスカレートしていき 争いを避けようと奮闘していた 今日子 が切れてしまい 復讐へと向かっていくあたりから 様相が変わっていきます。

1images.jpg

今日子の教えに従って 我慢 我慢 我慢 を重ねていた 晴彦や神代もとうとう切れてしまいます。
この辺りから シリアス な展開になるのですが 蟹江敬三 の教会での演技に 号泣してしまいました。 また 以外と言っては失礼ですが 松本竜介 すばらしいキャスティングだと思います。

1無題.png

思いを寄せていた 英二 と 今日子のシーンも 殺陣は???ですが 役者さんの迫力に押されます。

本とかTV 映画などの作られたものには あまり感情移入出来なかったのですが この作品で少し感受性が変わったのかな・・・と思います。世間的にはそれほど評価されていないのでしょうが 私には 感動的な邦画でした。
                                                            (敬称略)