So-net無料ブログ作成

淵に立つ(2016年 エレファントハウス) [哀]

あの男が現れるまで 私たちは家族だった

淵に立つ①.jpg


八坂草太郎(浅野忠信) 鈴岡章江(筒井真理子) 鈴岡利雄(古館寛治)
山上孝司(太賀)    設楽篤(三浦貴大)   鈴岡蛍(篠川桃音/真広佳奈)

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家。
平穏な毎日を送る家族の前に ある日 利雄の古い友人である八坂が現れる。章江への相談もなく 八坂を雇い入れる利雄・・・最初は戸惑っていた章江と一人娘の蛍だが 八坂の礼儀正しさと 優しさに触れ 次第に彼を受け入れていく・・・

淵に立つ②.jpg


だが 八坂には服役の過去があり 罪は殺人。しかも それに加担した利雄のことは警察で一切口を割らなかったという事実があり 利雄は引け目を感じていたのだった。
そして 八坂と章江がただならぬ関係に陥りそうな時 鈴岡一家に残酷な爪痕を残して 八坂は消えてしまう・・・

淵に立つ③.jpg


8年後 利雄は興信所に調べさせ続けているが 八坂の行方は知れず 重い障害を負った蛍と その介護に疲れ果てる章江・・・
工場では古株の設楽が辞めることになり 新人として孝が入って来る。屈託のない孝は鈴岡夫婦の信頼を得るが 会ったことのない実の父親が八坂だと 孝の生い立ちを知ったとき 利雄と章江は・・・

                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。