So-net無料ブログ作成

追憶(2017年 東宝) [哀]

四方篤(岡田准一)    田所啓太(小栗旬)  川端悟(柄本佑)
四方美那子(長澤まさみ) 田所真理(木村文乃) 仁科涼子(安藤サクラ)
山形光男(吉岡秀隆)
西田尚美 矢島健一 北見敏之 安田顕 三浦貴大 田中要次 渋川清彦 りりぃ

追憶①.jpg


会いたくても 会えなかった 愛する人へ・・・

25年前 親に捨てられた3人の子供は 涼子が営む喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せ 協力し合って暮らしていた。常連客の光男と幸せになるであろうと思われていた涼子だが ある男の出現で生活は一変。
刺青のあるその男は 度々「ゆきわりそう」を訪れ 涼子と関係を持ち 暴力を振るい 子供達を追い出そうとする。

ある日 子供たちは 涼子と光男のためと 男を襲う。そして勢い余って刺殺してしまう・・・
涼子は全てを自分が被り 光男は子供たちを連れて「ゆきわりそう」を後にする・・・

追憶②.jpg


25年後 3人の子供たち 篤 啓太 悟 は成長し それぞれが家庭を持っていた。
が 篤は過去の生い立ちなどから 自分の気持ちを妻にうまく伝えられず すれ違いの日々から別居。
悟は妻の父親が経営する硝子会社を継ぐも 経営が上手くいかず 土建業を経営する啓太から 度々金を借りている。

追憶③.jpg


そんな時 富山県の漁港で 悟が遺体となって見つかった。
かつて親友だった3人の子供は 刑事 容疑者 被害者 として再会することになった。そして 3人の過去から 複雑に絡み合った壮大な人生ドラマは 25年の時を経て 動き始める・・・

人を傷つけたり ましてや殺めてしまうことは 絶対に許されない・・・
しかし それ以外に大切なものを守る術がないような事態もあるのかもしれない・・・
不運な家庭環境から 協力して前へ進み 心ある大人に助けられ 生き抜いてきた3人の子供たち・・・ 彼らの奥深くにしまい込まれた感情 想い を見事なまでに表現している俳優。そして幼少期から現在までの3人を取り巻く大人たち。

劇場での鑑賞で 更に重くなった人生ドラマが 奥深くに刺さります。

                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました