So-net無料ブログ作成

64-ロクヨン- 後編(2016年 東宝) [哀]

前編では 熱い警視庁記者クラブの記者役 瑛太 の感情露な演技に入り込み あまりの 嫌な奴振りに小声で文句を言うほど入り込む観客がいたほど。

ロクヨン①.jpg

後編は 幼い娘を誘拐殺害され 数年後 妻にも先立たれた雨宮役 永瀬正敏 の気力をなくした中にも 執念と憎悪の念が溢れている情緒不安定さ そして 14年前に自身が起こした誘拐殺人事件と同じ目に遭い 恐怖と狂気に支配される 目崎役の 緒形直人・・・ この二人の表現力に背筋が凍ります。

他にも事件の鍵を握る役どころの 三浦友和 吉岡秀隆 らの重厚な演技にも引き付けられます。

ロクヨン③.jpg

前編は 迷宮入り直前の誘拐殺人事件を模倣するような誘拐事件が発生したところで終え 後編では 模倣事件と14年前の事件が繋がり 雨宮の執念と復讐心が描かれます。
そこに 記者クラブと広報官の凌ぎ合いや 県警と警視庁の確執・思惑 などが絡み合います。

ロクヨン②.jpg

出演している俳優の顔触れが豪華で 日本を代表するキャストがこれほど顔を揃える作品もそうはないでしょう。

前後編共に劇場でと思い 息をのむ時間と 表現力の素晴らしさを体感しました。

                                       (敬称略)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました