So-net無料ブログ作成

64-ロクヨン- 前編(2016年 東宝) [哀]

わずか7日間で幕を閉じた昭和64年・・・
その間に起きた 昭和最後の大事件 少女誘拐殺人事件・・・通称64(ロクヨン)

ロクヨン前編①.jpg

未解決のまま14年 時効まで後1年となったこの事件の裏に隠されている 「警察VS報道」「警察ぐるみの隠蔽・確執」などと 組織に属する個々の葛藤や やり切れない被害者の14年間積み重なった感情・・・などに 素晴らしい俳優陣が真っ向からぶつかっています。

ロクヨン前編④.JPG

私が昭和生まれということもあって また 青春時代真っ盛りという64年の時代背景にも感情移入して 慟哭しそうになるのを抑えながら劇場で見ました。

劇場公開中ですので 詳細は記しませんが 主人公・三上義信を演じる 佐藤浩市 が 綾野剛 榮倉奈々 金井勇太 瑛太 坂口健太郎 らに向かって「全力でぶつかって来い。俺が全部受け止めてやる。」と宣戦布告のように言葉を投げかけ それに応えようとする 瑛太 を中心とした記者役の面々とのぶつかり合いは 感情移入が過ぎた 一部の観覧客がスクリーンに向かって怒り出すほどの表現力でした。

ロクヨン前編②.jpg

警察上層部の面々 椎名桔平 滝藤賢一 奥田瑛二 仲村トオル 三浦友和 らの表の顔と裏の顔を醸し出す絶妙な演技・・・
幼い娘が誘拐され 我を失いながら 犯人の要求通りに駆けずり回る父親役の 永瀬正敏 ・・・ 身代金は奪われ娘は殺害され 数年後には妻も亡くし 事件を抱えながら年を重ねてきた14年後の佇まいや 事件発生直後の捜査で大きなミスを犯してしまいながらも 上司の判断でこれを隠したことを引きずり苦しんでいる元科捜研 吉岡秀隆 窪田正孝 の当時から現在へと続く心情表現も見事です。

ロクヨン前編③.JPG

前編では 昭和64年の事件発生から 時効まで残り1年となった14年後に 模倣とも思われる新たな事件が発生するまでを描き その過程で渦巻く しがらみや葛藤 隠蔽・確執や策略 登場人物個々が抱える内面 など 時代背景のリアルさと併せて震えるほどの描写で表現されています。

前編・後編共に劇場での観覧がおすすめです。
                                       (敬称略)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました