So-net無料ブログ作成

わたしを離さないで(2016年 TBS) [哀]

臓器移植という 人命に関わるテーマを 非常に重たく そして深く哀しく描いています。

わたしを離さないで①.JPG

一般社会から完全に隔離された森の中にある 陽光学苑。事情を持つ子供たちが協力し合って暮らす養護施設のように感じるが 子供たちは全員地味な灰色系の洋服・・・それも傷んだ洋服が多く 違和感を感じる。

良質な教育が与えられてはいるが それはある目的のためであった・・・
子供たちは自らの意思と関係なく 「使命」 を背負っており それから逃れることは出来ないことを知る。

「提供者」と「介護人」 そう 彼らは臓器提供を目的として作られた人間だった。
「提供」を指示されれば命が尽きるまで自らの臓器を提供する。指示が来るまでは「提供者」の「介護人」として共に暮らし育った仲間が切り刻まれる姿を目の当たりにする・・・

子供たちは ある日突然 その事実を知らされる。夢も希望も失い 途方に暮れ 人を疑い 自暴自棄になり もがき苦しみながらも 希望を見つけようとする・・・しかし現実はどうにも変わらない・・・

わたしを離さないで②.JPG

そんな環境に置かれた 保科恭子(綾瀬はるか) 酒井美和(水川あさみ) 土井友彦(三浦春馬) という3人の生き様を中心に 怖くなるほど人間の内面を表現しているドラマです。

麻生佑未 甲本雅裕 真飛聖 らの真実を隠して外面を作っている演技は絶妙ですし 水川あさみ は 綾瀬はるか を凌いでしまうほどの存在感で 優柔不断でおとなしい印象ながらも 希望を持ち続けることに向かう 三浦春馬 とゾッとする表現力です。視聴率はよくありませんが 間違いなく見入ってしまう作品です。

わたしを離さないで③.JPG

                                                           (敬称略)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました