So-net無料ブログ作成

杉原千畝 スギハラチウネ(2015年 東宝) [哀]

ひとりの日本人が 世界を変えた・・・。

あなたは知っていますが?
激動の第二次世界大戦下。外交官として赴任していたリトニアで ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民に 日本通過ビザを発給し 6000人もの命を救った1人の日本人がいたことを・・・。その男の名は 杉原千畝。

杉原千畝①.jpg

どうしても劇場で観たかったのですが バタバタと忙しくて ようやく今日 観ることが出来ました。終了が近いのか 一日一度しか上映がなく サービスディということもあって 平日にもかかわらず まぁまぁな観客数でした。
驚いたことに 上映が終わってもエンドロールが終わるまで 誰一人と席を立たず 涙している人も何人かいるほどの 感動大作でした。

上映中ですので詳細は記しませんが 第二次世界大戦前後に実在する外交官 杉原千畝 の半生を映画化した作品です。
数ヶ国語を操り 諜報活動に長けている杉原・・・ロシアを始めナチスドイツの侵略 そのドイツと手を組み アメリカへ攻撃(真珠湾攻撃)を仕掛けてしまう日本。
世界情勢を収集し 日本の危機管理を訴えてきた杉原は ロシアから警戒され ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物) に指定された日本初の外交官であった。

杉原千畝③.JPG

裏切りが発端で一時帰国し 友人の妹であった幸子と結婚。モスクワへの赴任を目指していたが 杉原の諜報力を懸念したロシアから入国を拒否されてしまう。

そして赴任したリトニアで 相棒のベシュと共にヨーロッパ情報を分析していたところ ドイツのポーランド侵攻が始まった。更に第二次世界大戦が勃発し ナチスに迫害され 国を追われた多くのユダヤ難民が 日本領事館へビザを求めてくる・・・
必死に助けを請う難民たち・・・しかし日本政府の了承は取れない・・・
自らの危険と立場を顧みず 杉原が下した 世界を変える決断は・・・

杉原千畝②.jpg

杉原千畝(唐澤寿明) 妻となる幸(小雪) が歴史大作を見事に表現しています。
他に 小日向文世 塚本高史 濱田岳 二階堂智 板尾創路 滝藤賢一 石橋凌 ボリスシッツ アグニェシュカ・グロホフスカ ミハウ・ジュラフスキ など日本とポーランドの俳優が 融合して創りあげています。

                                                           (敬称略)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました