So-net無料ブログ作成

謝罪の王様(2013年 東宝) [楽]

何かのトラブルだったり クレームだったり 揉め事の際によく出てくる 実態のない言葉 「誠意」。 これって一体何なのでしょう??? 非を認めた側が精一杯の気持ちを表していても 受取る側次第で「誠意がない」などと言われてしまう。
反対に後ろを向いたときには ぺロッと舌を出していても 表現力や演技力があれば 「誠意が見える」 と受取って貰える・・・難しいものです。

そんな「謝罪」をテーマにしたコメディ映画です。 謝罪師を名乗る 東京謝罪センター所長の 黒島譲役の 阿部サダヲ このようなコメディには もってこいの役者さんです。

謝罪の王様①.jpg

case 1恐い人達に謝りたい!
司法書士を目指す帰国子女の 倉本典子(井上真央) が 小磯一家(ヤクザ)と接触事故を起こしてしまう。

case 2 セクハラを謝りたい!
下着メーカー社員の 沼田卓也(岡田将生) は共同プロジェクト担当者の 宇部美咲(尾野真千子) からセクハラで訴えられる。

謝罪の王様②.jpg

case 3 謝罪会見で謝りたい!
大物俳優 南部哲郎(高橋克実) と 元妻で大物女優 壇乃はる香(松雪泰子) の息子が傷害事件を起こしてしまい  黒島が謝罪会見のプロデュースを担う。

case 4 過去の過ちを謝りたい!
バツ1だが コロンビア大学を卒業し 27カ国で弁護士資格を取得した 一流国際弁護士の 箕輪正臣(竹野内豊) が離婚して離れてしまった娘に 手を挙げてしまった過去の過ちを懺悔する。

謝罪の王様③.jpg

case 5 国際問題を謝りたい!
映画プロデューサー 和田耕作(荒川良々) の作品に たまたま来日していたマンタン王国・皇太子が出演していたことが発覚。マンタン王国皇族の肖像権侵害に対して 謝罪に行くものの誤解が生じ 国際問題へと発展していく。

と 5つのトラブルで 黒島が様々なパターンの謝罪を展開し 解決に導く物語が 豪華な役者さんたちにより コミカルにテンポよく描かれています。case 6では 黒島が謝罪を生業とし 謝罪にこだわることになった いきさつが描かれていて case 1 の倉本典子は黒島の助手としてかかわっています。

謝罪の王様④.jpeg

                                                           (敬称略)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました